石の裏のダンゴムシ

みんなの安全基地。生きづらさを感じている人のための居場所です。

第21回ダンゴムシの会レポート(2017/03/26)

 

第21回ダンゴムシの会を、先月26日に実施しました。

えんぴつさんが最後ということもあり、会の終わりにサプライズで寄せ書きをプレゼントしました。オンライン上でメッセージを募ってそれを寄せ書きにできるサイトがあって、今回それを利用させていただいたわけですが、いやぁ、便利な世の中です。会って書いてもらうことが難しい人にも協力してもらえますしね。

そして今回も初参加者の方から感想をいただくことができました。お願いしたわけでもないのに感想を送ってくださったのです。いやぁ、本当にありがたい。この場をお借りして改めて感謝申し上げます。感想は本エントリの後半で紹介しています。

というわけで第21回のレポートです。

 * * * * * * * * * *

【3月の会の概要】

 《会の流れ》

   1.自己紹介
   2.カテゴリートーク
   3.カテゴリートーク
   4.カテゴリートーク
   5.片付け
      (トークは各30分)

 《トークテーマ(カテゴリー)》

   1.AC(アダルトチルドレン)・家族
   2.仕事
   3.人間関係
   4.恋愛
   5.ネガティブ
   6.社会・世間

 会終了後、近くのサイゼリヤで2次会(自由参加)

 * * * * * * * * * *

【参加者について】

今回の参加者は計12名で、内訳としては男性9名に女性3名、うち初参加の方は1名で男性でした。今回は仕事、人間関係、ネガティブ、社会・世間、について話したいという人が多かったのかな、という印象です。特に仕事に関していえば、4月から働くことが決まった人が数人いたりしたこともあり、いま現在働いている人と仕事のことについて話すシーンも見受けられました。

これは余談ですが。それにしても「恋愛」カテゴリーはなかなか需要がないですねぇ。まぁ恋愛という、赤裸々な(?)話ってなかなかできないものですし、話せる相手というのもかなり限定されるような内容なので仕方ないと思いますが。恋愛の代わりに何か話したいことがあればカテゴリーとして追加したいなぁと思う次第です。

 * * * * * * * * * *

【雑感etc...】

今回はカテゴリー毎のグループトークを30分間にして、休憩を長めに取るように時間配分をしてみました。これまではトークトークの間の休憩時間を5分としていたのですが、それではちょっと慌ただしいよなぁと思っていたのです。そのためトーク①とトーク②の間は10分休憩、トーク②とトーク③の間は20分休憩としました。息抜きをしたり、カテゴリーとは関係ない雑談をしたり、途中だった話の続きをしたり、余裕を持たせることでより有意義に時間を使えた気がします。

トーク②とトーク③の間の20分休憩は、アイデアがあればちょっとしたレクリエーションとかをしてもいいかなと思ったりもしています。普通に休憩しても計算上まだ10分くらいあるので、ちょっとした何かを企画してもいいですし。といっても私にはいまいち思いつかないので、参加者のみなさんに提案してもらえたらなと思います。

 * * * * * * * * * *

【参加者の感想】

Kさん

自分が抱えている孤独や人間関係といった生きづらさについて
話すことができ、気持ちが少し軽くなりました。

始めは緊張しており、あれこれと話が飛躍していたと思いますが
参加者の皆さんが熱心に話を聞いてくれていたため
自分の生きづらさを途切れ途切れながらになりながらも
話すこと、伝えることができ、とても嬉しかったです。

また、自分と似た境遇や症状を持つ参加者の方もおり
皆さんがどうやってそれに立ち向かっているのかを
自分の成長への糧として話を聞きたいとも思っています。

今回参加したことはとても有意義でした。
皆さんと話すことも皆さんの話を聞くことも楽しく
今回は時間の許す限りでしたが、できるだけ長く
皆さんと時間を過ごしたいと感じました。

改めてこのような会に出会えた事、参加できた事を感謝いたします。
自分の生きづらさがすべて解消された訳ではないので
来月以降も参加させていただくかと思いますが
その際には、よろしくお願いいたします。

 * * * * * * * * * *

【お知らせ】

ちゃんとした告知は来週するつもりですが、次回開催は4月23日を予定しています。参加を検討中の方は来週の告知エントリをご確認ください。

 * * * * * * * * * *

以上、つっきーでした。
それでは次回更新をお楽しみに。

 * * * * * * * * * *

参加希望や当会に関する質問等、各種お問い合わせはメールフォームにお願いします。
 メールフォーム ⇒ お問い合わせ

ダンゴムシの会のTwitterアカウントもありますのでよろしくどうぞ。
 Twitter ⇒ 石の裏のダンゴムシ@生きづらさ (@dangomushi_14) | Twitter

 

広告を非表示にする

「石の裏だより えんぴつメガネ卒業特別号」あります。

 

明日はダンゴムシの会ですね。

今回で21回目みたいです。みたいです、なんて他人事みたいな言い方ですが、毎回過去のエントリを見直さないと分からないんですよね。そもそもブログぐらいでしか「第〇回」なんて使わないですし。

まぁでも、もう20回以上も開催していて、もう間もなく設立から2年が経つんだと思うと、参加者が新しく入っては抜けていったり、そうやって増えたり減ったりしながら、この会も変化してきたんだよなぁなんて考えてしまいます。

 * * * * * * * * * *

さて、明日の会をもってえんぴつさんは卒業ということになるのですが、私つっきーの思いつきで「石の裏だより えんぴつメガネ卒業特別号」を製作しました。内容としてはえんぴつさんからの寄稿(?)と、えんぴつさんと新代表ともさんの対談です。まあまあの出来にはなってると思うので、興味があればぜひご覧ください。そうしていただけると私も報われた気になれるので。

  ➡ 石の裏だより特別号.pdf - Google ドライブ

昨年末に「石の裏だより 第1号」を公開しましたが、その後なかなか作ろうとはならなかったのです。実際、結構大変だったんですよね。「とてもじゃないけど毎月作るなんて無理」というのが本音でした。したがって今後も一応、不定期更新ということになりそうです。なくしたくはないなぁと、個人的には思っているのですが。

まぁでも、ダンゴムシの会についてみなさんに知っていただく機会、またダンゴムシ参加者がなにか1つのことを協力してやってみる機会として、この新聞に限らず、アイデアがあればカタチにしていきたいなと思う次第です。

 * * * * * * * * * *

ただ漠然と受け身的に会に参加するのではなく(もちろん慣れるまではそれでいいのですが)、各々が他の参加者との関わりのなかでやっていくということ、1つのコミュニティとしてダンゴムシがより良い場所になることというのは大切だと思うのです。

生きづらさを吐き出すと同時に、他者との関わりのなかで成長できたらいちばん良いのかなと思います。成長というと大袈裟かもしれませんが、すこしずつ生きづらさがなくなっていくとか、自分の生きづらさに今一度ちゃんと向き合って解消に向けて取り組んでみるとか、逆に「あれ、意外と自分って~なのかも!?」という気づきを得るとか、どんなに些細なものでもいいのです。それを何かのきっかけにしてもらえたら、会としても嬉しいです。

話してみることで気づくことってたくさんあります。自分の話を聞いてくれた人の何気ない一言のなかにヒントがあるかもしれません。他者との関わりのなかで身に付くものもあるでしょう。はじめは緊張したりということもあると思いますが、必要以上に構えたり隠したりすることなく他者と接してみるという挑戦をしても大丈夫です。ダンゴムシは安全基地。みんなにとって居心地のいい場所でありたいものです。

 * * * * * * * * * *

【お知らせ】

3月26日開催のダンゴムシの会、参加希望は本日18時で締め切らせていただきます。開催要項や参加希望の仕方等、詳しくは以下の記事でご確認ください。

dango64.hateblo.jp

 * * * * * * * * * *

以上、つっきーでした。
それでは次回更新をお楽しみに。

 * * * * * * * * * *

参加希望や当会に関する質問等、各種お問い合わせはメールフォームにお願いします。
 メールフォーム ⇒ お問い合わせ

ダンゴムシの会のTwitterアカウントもありますのでよろしくどうぞ。
 Twitter ⇒ 石の裏のダンゴムシ@生きづらさ (@dangomushi_14) | Twitter

 

広告を非表示にする

新代表からご挨拶

 

当ブログやTwitterアカウント、さらにはグループLINEの連絡等まで担当しているためなのか、「つっきーさんが代表だと思ってた」という声もちょこちょこあって、その度に「こんなにテキトーでユルい人が代表なわけないじゃん」と力説しています。ちなみに私は8割がた会当日に遅刻するような人間です。自慢することじゃないのですが。

そんなこんなもあって、そして何より(本当の)代表の声を発信したいなという私の個人的な想いもあって、今回は新代表から挨拶をいただきました。えんぴつさんの跡を継いだのはともさんです。えんぴつさん直々のご指名もあったのですが、いくつかの理由から適任だろうと他の参加者さんの同意があったのです。はい。

というわけで以下、「ダンゴムシの会」新代表のともさんからのご挨拶です。

  * * * * * * * * * *

【ご挨拶】

はじめまして

「石の裏のダンゴムシの会」代表の とも と申します。3月でえんぴつさんが抜けるということで主催がわたしになりました。よろしくお願いします。

私はダンゴムシの会設立当初からずっと参加していまして、えんぴつさんと会のことを相談しながらやってきた、陰のサポート役でした。

今後の運営方法としましてはひとりで運営するのではなく、役割をシェアし、複数人の運営チームとなり会を進めていきたいと思っています。複数人で進めることで、ひとりの負担も減り、メンバーさんの得意分野を行かせたり、苦手なところは補いあえるのではないかな、と思います。「助けて〜」「手伝って〜」と気軽に言い合えて、相談し合える、助け合いながら成り立つ会にしていきたいなと思っています。

運営に参加してみたいという方は、わたしまたはつっきーさんまで教えてください!

わたしについて

わたし自身は機能不全家族で育ったアダルトチルドレンです。父はアルコール依存症でカルト宗教を信仰する母からは幼少時に虐待、マインドコントロール、元同棲相手からDV、精神科病院で5年間の闘病生活を送ってきた過去をもっています(笑)

ドラマに出てくるような波瀾万丈な人生を歩んできて、いまなお生きづらくはありますが、なんとか生きれています。実家を脱出してすぐに参加したコミュニティがダンゴムシの会で、とても助けられてきました。参加当初は虐待を受けていたと言葉に出すのもこわかったことも、「わたしはACサバイバーです。」と始まる自己紹介を続けてきたことで、だいぶ整理がつきました。

社会の中で言えば、否定されたり冷たくあしらわれて傷つくことも、どんなささいな悩みも、安全基地であるダンゴムシの会では受けいれてもらえるし、否定をされないことが救いでした。いまも、みんなに支えられています。

さいごに

わたしが参加するみなさんと共有したいなと思うのは笑顔と安心感です。いろいろつらいことがあっても、とりあえず吐き出してみたらなんか楽になって安心したり、他愛もないことで笑えたりします。そんなふうに過ごせる居心地の良いダンゴムシの会にしていけたらいいなと思っています。

この安全基地をきっかけにみなさんが楽になったら嬉しいな、なんて思っています。これからもいろんな人と、出会えることを楽しみにしています。

 * * * * * * * * * *

【お知らせ】

3月26日開催のダンゴムシの会、参加希望受け付けてます。開催要項や参加希望の仕方等、詳しくは以下の記事でご確認ください。

dango64.hateblo.jp

 * * * * * * * * * *

以上、つっきーでした。
それでは次回更新をお楽しみに。

 * * * * * * * * * *

参加希望や当会に関する質問等、各種お問い合わせはメールフォームにお願いします。
 メールフォーム ⇒ お問い合わせ

ダンゴムシの会のTwitterアカウントもありますのでよろしくどうぞ。
 Twitter ⇒ 石の裏のダンゴムシ@生きづらさ (@dangomushi_14) | Twitter

 

広告を非表示にする

【告知】3月開催のお知らせ(2017/3/26)

 

3月ですねぇ。

3月といえば別れの季節です。えんぴつさんも今月の会をもって卒業しますが、みなさんも卒業等、これから環境が変わったりで不安を感じる時期かもしれません。環境等の大きな変化はなくても、「心機一転して頑張ろう!」とお考えの方もいるかもしれません。

「不安で仕方ない…」「頑張ろうとは思ってるんだけど…」なんて思っている方、ダンゴムシの会で抱えている生きづらさを吐き出してみませんか。新たな出発のためのちょっとしたきっかけになるかもしれません。あくまでも「なるかも」ですけど。(笑)

というわけで今月(3月)の告知です。

 * * * * * * * * * *

【開催要項】

 〇日時 : 3月26日(日) 13:00~16:00
      その後、二次会もあります(自由参加です)
 〇場所 : 新宿駅近くの貸し会議室(予約済みです)
 〇費用 : 3100円 ÷ 参加者数(貸し会議室代です)

  ※利用する会議室のスペース上、最大でも13名ほどが限界です。
    参加希望者がそれを上回った場合、参加を締め切らせていただきます。
  ※参加希望状況は随時、追記(Twitterでもお知らせ)していきます。
  ※集合等の詳細は、参加希望者の方にのみ、別途お知らせします。

 * * * * * * * * * *

【追記:参加希望状況(3月17日22時30分現在)】

現在、計12名(男性8名、女性4名、うち初参加1名)です。締め切りも近いと思われます。参加希望のご連絡をいただいても、人数の関係上お断りすることがあるかもしれません。参加希望者の方はお早めにご連絡ください。

 * * * * * * * * * *

【参加をご希望の方は】

お手数ですが、以下のメールフォーム(お問い合わせ)にて各質問事項に回答の上、送信してください。明らかに不審な方である場合は参加をお断りすることもありますが、基本的にはどなたでも大歓迎です。確認次第、こちらから折り返しメールにてご連絡します。

goo.gl

なお、質問事項にもありますが、ダンゴムシの会では連絡手段として主にLINEを利用しています。大半の参加者にはLINEグループに入っていただいていますが、LINEをやっていなくても(グループに入らなくても)参加できます。その場合でも、次回からは同メールフォームにてより簡単に参加希望ができます。

LINEのグループに入っていただける場合、返信メールに私 つっきー のQRコードを添付しますので、まずは友達登録をお願いします。お互いに友達登録しましたら、①ダンゴムシの会の全体グループ②今月参加する人だけのグループ の2つに招待します。①はこれまでの参加者全員が対象で、共通連絡や毎月の参加確認をするためのグループです。②は当日の具体的な集合場所や集合時間についての連絡、また集合時の連絡(遅刻や場所が分からない場合等の連絡)に使います。その月の会が終わったら、このグループは解散します。その他詳しいことはメールにてお伝えします。

 * * * * * * * * * *

以上、つっきーでした。
参加希望お待ちしております。

 * * * * * * * * * *

参加希望や当会に関する質問等、各種お問い合わせはメールフォームにお願いします。
 メールフォーム ⇒ お問い合わせ

ダンゴムシの会のTwitterアカウントもありますのでよろしくどうぞ。
 Twitter ⇒ 石の裏のダンゴムシ@生きづらさ (@dangomushi_14) | Twitter

 

広告を非表示にする

第20回ダンゴムシの会レポート(2017/02/26)

 

第20回目のダンゴムシの会を、先日実施しました。
というわけで2月26日(日)開催分のレポートです。

そして今回もまた2名の参加者の方から感想をいただくことができました。
1名は初参加の方、もう1名は久しぶりに参加された方です。
本エントリの後半で紹介していますので、そちらも合わせてどうぞ。

 * * * * * * * * * *

【2月の会の概要】

 《会の流れ》

   1.自己紹介
   2.カテゴリートーク
   3.カテゴリートーク
   4.カテゴリートーク
   5.カテゴリートーク
      (トークは各25分)

 《トークテーマ(カテゴリー)》

   1.AC(アダルトチルドレン)・家族
   2.仕事
   3.人間関係
   4.恋愛
   5.ネガティブ
   6.社会・世間

 会終了後、近くのサイゼリヤで2次会(自由参加)

 * * * * * * * * * *

【参加者について】

今回の参加者は計10名で、内訳としては男性7名に女性3名、うち初参加の方は1名で男性でした。参加者の生きづらさは主に、上記のカテゴリーだとACと家族、仕事、人間関係、の3つに該当するようでした。社会・世間のことについて触れている方もいましたね。まぁ個別具体的な生きづらさも、社会の風潮や常識とされているようなものが根底にあったりするので、ある意味それも当然なのかもしれません。

 * * * * * * * * * *

【雑感etc...】

前回から意識的に変えた部分等はなかったのですが、自己紹介がスムーズに進んだこともあってグループトークが前倒しで始まりました。回数的には5回できるだけの時間があったのですが、4回目の時点でほとんどの参加者が話し疲れてしまっていて、最後は全員で雑談するという感じでした。

話すというのは結構体力を使うものらしく、4回目のグループトークが終わったときには「疲れた」「お腹空いた」という声がちらほら聞こえたので、グループトークの回数や1回あたりの時間、そして休憩時間といったスケジュールを再考する必要があるのかなと感じました。基本的には参加者も10人ほどなので、3回もあればすべての参加者と話すことができますし、休憩をすこし長めにとってちょっとしたレクリエーションを合間にやるというのもありかな、って個人的には思いました。

 * * * * * * * * * *

【参加者の感想】

Kさん

最初はすごく緊張していましたが、想像していた以上にリラックスした雰囲気だったので自分なりにうまく話せたのではないかと思います。グループに分かれて会話するというのが自分には合っていたみたいで、変に気負わずに済んだのではないかと感じています。初参加するにあたって「コレは言おう」と決めていたものも全部言えたので参加して非常に良かったです。普段は遠方に住んでいますが、また機会があれば参加したいと思いました。

 

Mさん

去年の夏に初めて参加し、今回は2回目でした。久々で少し緊張していましたが、みなさん程良いゆるさで、リラックスして話すことができました。
参加した2回とも、悩みや生きづらさを誰かに話すことで、自分の考えを整理したり見直すきっかけになりました。 また自分にはない価値観を持った人と会うことで、毎回新しい気づきがあって自分の考え方が広がっている気がします。
普段人には話せないようなことから、趣味や世間話など普通の話までできるので、ダンゴムシの会はちょっと不思議な空間ですが居心地はいいと思います。
また参加するつもりなのでよろしくお願いします。

 

(つっきー)

Kさん、Mさん、感想ありがとうございました。
こちらこそ、またの参加を楽しみにしております。

 * * * * * * * * * *

【お知らせ】

ちゃんとした告知は来週するつもりですが、次回開催は3月26日を予定しています。参加を検討中の方は来週の告知エントリをご確認ください。

 * * * * * * * * * *

以上、つっきーでした。
それでは次回更新をお楽しみに。

 * * * * * * * * * *

参加希望や当会に関する質問等、各種お問い合わせはメールフォームにお願いします。
 メールフォーム ⇒ お問い合わせ

ダンゴムシの会のTwitterアカウントもありますのでよろしくどうぞ。
 Twitter ⇒ 石の裏のダンゴムシ@生きづらさ (@dangomushi_14) | Twitter

 

広告を非表示にする

会もブログも「語る」場所。

 

明日、2月26日(日)はダンゴムシの会です。早いもので、この「石の裏のダンゴムシの会」も今回で第20回目になります。まぁ私は運営メンバーの中ではいちばんの新参者なので、しみじみとそんなことを言える立場でもないのですが。(笑)

 * * * * * * * * * * 

私がダンゴムシの会に初めて参加したのは一昨年の12月。それからかれこれ毎回欠かさず参加しているので、今月で実に15回目の参加ということになります。私はこの2年ほどニートなので普段とびっきりの暇人なのです。だからこうやってダンゴムシの会のブログやTwitterアカウントを任されても大丈夫なわけですが、ダンゴムシの会の繋がりがなかったら今頃どうなっていたか分かりません。

幸運なことに現在、ちらほらながらダンゴムシ以外の交友もあるのですが、ダンゴムシの会の方々がいなかったらかなりの「ぼっち」だったと思います。同級生や同い年の友人はみんな異なる場所で働いているわけで、そう簡単に会ったりできるわけではないですしね。こうやって定期的にコミュニケーションする機会がまともになかったら、精神的にきていた気がします。

実際、ダンゴムシの会に初めて参加するちょっと前、人生初の円形脱毛が出来てしまいました。いろいろと身辺(環境)に変化があったというのもあると思いますが、それまでの半年ほどは他人と話す機会がほぼ皆無と言っていい状態だったので、その辺もストレスになっていたのかもしれません。しかしながら大学病院にまで行って治療することになるとは思いませんでした。その後もう1つ円形脱毛が出来てしまいましたが、今ではすっかりどちらも元通りになっています。よかった、よかった。

さて、私がダンゴムシの会に参加したそもそものきっかけは、ニートであることや「働きたくない」「働くのが怖い」といった思いも少しはあったものの、ほぼほぼ「他人と話す機会がほしい」という他の参加者からすれば「そんな理由!?」と言われてしまいそうなものでした。ダンゴムシの会が発足する前からえんぴつさんと少し交流があり、それで「じゃあダンゴムシに来たら?」と言ってもらったのが後押しになって参加したわけです。なので他の参加者さんが各々抱えている生きづらさには理解・共感できたりできなかったりですが、「そういうこともあるのか」「こういう人もいるんだ」と思いながら毎回参加者の方々とお話しています。

そんな感じで基本的に私は聞く側になっているわけですが、みなさんいろんな生きづらさを抱えていることが分かります。「それは苦しそう」「それは大変だなぁ」とは思うのですが、具体的な解決策とかアイデアを提示してあげられるわけでもないですし、もしかすると話してる人もそんなことは望んでいないかもしれません。そしてなにより、たぶん、ダンゴムシの会はそういうところじゃないのかもしれません。生きづらさを抱える者同士が話して、聞く。会話や交流の中から繋がりを得て、仲間を得て、安心を得て、生きづらさとともに自分の足で生きていく。ダンゴムシの会はその出発地点なのかもしれません。

 * * * * * * * * * *

で、なんでこんな話をしたのかというと、これからときどき参加者の方々に自身の生きづらさについて書いてもらえたらいいなと勝手ながら思っていて、じゃあとりあえず自分がまず書いてみたらいいんじゃないかと思ったわけです。尤も、私には自分がニートだということぐらいしか悩みのようなものもないので、「生きづらさ」なんて言葉を使うのは憚られる気もするのですが。(汗)

こんな言い方は変かもしれませんが、自分の不安や悩みといった「生きづらさ」を表現することはとても大切だと思うのです。ダンゴムシの会そしてこのブログは、生きづらさを抱える人たちが自分を語る場所だと思いますし、それを聞いてくれる人が集まる場所であるとも思います。もちろん不特定多数の方が見ているブログに関してはそうとも限らなかったりします。でも、ダンゴムシの会もこのブログも、生きづらさを語る・吐き出す場所であってほしいな、そして運営メンバーの1人としてはそうでありたいな、と思うわけです。

というわけで、なんだか自分の生きづらさを語ったわけでもなく、ダンゴムシの会の運営メンバーとして何かを語ったわけでもない、どことなく中途半端で個人的な内容になってしまいました。誰か自分の生きづらさについて、このブログで語ってくれないかなぁ。生きづらさを抱えている人の声を届けられたらと思うのですが。そして地味にブログに何を書くか思いつかなくなっているのですが。このエントリー書いてるの午前3時なのですが。眠い。

・・・とまぁ、そんな私つっきーのぼやきでした。

 * * * * * * * * * *

【お知らせ】

明日(2月26日)開催のダンゴムシの会、今日18時をもって参加希望を締め切らせていただきます。参加希望の方はお早めに連絡をお願いします。開催要項や参加希望の仕方等、詳しくは以下の記事でご確認ください。

(2月25日22時追記)参加希望は締め切らせていただきました。

dango64.hateblo.jp

 * * * * * * * * * *

以上、つっきーでした。
明日の会の報告レポート(来週更新)をお楽しみに。

 * * * * * * * * * *

参加希望や当会に関する質問等、各種お問い合わせはメールフォームにお願いします。
 メールフォーム ⇒ お問い合わせ

ダンゴムシの会のTwitterアカウントもありますのでよろしくどうぞ。
 Twitter ⇒ 石の裏のダンゴムシ@生きづらさ (@dangomushi_14) | Twitter

 

広告を非表示にする

こだわるのをやめてみる。

 

週1でブログ更新と言っていましたが、これまで基本的に告知記事やレポート記事だけだったので、「それ以外に何を書けばいいだろう…?」と悩んだ結果、「本の紹介でもしてみようか」という結論に至りました。

今後もちょこちょこ本の紹介をしていきたいなと思うのですが、そうは言っても毒親とかアダルトチルドレンとかいろんな種類の生きづらさがありますので、ダンゴムシの参加者の方にも協力していただきながら、いろんな本をご紹介できたらいいなと思っております。

というわけで今回は、最近私つっきーが読んだもので、生きづらさがひょっとすると軽くなるかもしれない、もしくは軽くはならなくても自分の生きづらさについて新たな視点を与えられるかもしれない、そんな本をご紹介したいと思います。

 * * * * * * * * * *

今回ご紹介するのは、小池龍之介『こだわらない練習 「それ、どうでもいい」という過ごしかた』です。

テレビとか雑誌もしくは書籍なんかで見たことある、知ってるという方もいるかもしれませんが、この方はお坊さんです。なので本のなかには仏教的な考え方のようなものも時折出てくるのですが、とても平易な言葉を用いて書いてらっしゃるし、言葉遣いも丁寧だしゆったりとした文章で非常に読みやすい。読んでいるだけで少し穏やかな気持ちになってくる、独特の安心感のようなものがあります。

本書では「〇〇にこだわらない」としていろんなものが挙げられているのですが、今回はその中から①他人の期待にこだわらない②ルールにこだわらない③「~すべき」にこだわらない、の3つをご紹介したいと思います。ダンゴムシの会の参加者のなかにもこういったことで思い悩んで「生きづらい…」と感じている方は多いような気がするので、何らかのヒントになるかもしれません。

 

①他人の期待にこだわらない

真面目そうなしっかり者に見られていていろんなことを任されるのに断れないとか、仕事の成果を期待されていて(まぁ企業なら当然なのですが)焦ってしまうとか、そういった他者の自分に対する期待とその重圧に耐えられないってことは多々ありますよね。「期待に応えられないと相手に幻滅されてしまうんじゃないだろうか…」なんてことを考えると恐ろしくて、ついつい無理して頑張りすぎて精神的にも肉体的にも消耗する、なんてことになったりします。

そんなことにならないためにも、あえて踏み切って相手にカミングアウトしてみるのがいいのではないか、というのが著者の考えです。その結果として、幻滅されて見放されてしまうかもしれないし、幻滅はされつつもお互いの理解と関係が深まるかもしれません。前者ならば元来相手は自分にさほど縁のない人だったということで「不適合な関係が整理できてよかった」と捉えられるし、後者ならば少し痛みは伴うけれど自分にとっても相手にとってもよかったのだと言えます。無理のしすぎでどんどん歯車が狂ってしまわないように、分かってくれる人や助けてくれる人を得るためにもカミングアウトしてみるといいのかもしれません。

他人から期待される人間像を、「ガッシャーン!」と壊してしまうのも、ときと場合によっては良きブレイク・スルーをもたらしてくれますよ (p.78)

②ルールにこだわらない

 ルールとかマナーとか常識とか、「そうするのが当たり前(普通)でしょ?」なんてことを随分と幼い頃から聞かされてきて、大人になってもそういった監視・制約を受けているわけですが、それと異なることを口にしただけで周囲から白い目で見られたりもして、ときにはそれらが煩わしかったり「本当にそれは正しいの?」と疑問に思ってしまうことも多いと思います。

著者曰く、ルールを守ったり他人に守らせたりすることに執着するのは他人から非難されずに受け入れられたい、承認してもらいたい、評価してもらいたいという欲求に基づいていて、「自分の価値」に自信がないがゆえにルールに過剰適応することで表面上の安定を保とうとしている、のだそうです。また、ルールをきっちり守る人と、どっちつかずの人と、はみ出してしまう人と、バランスよく存在しているために「ゆとり」が生まれているのではないか、とも述べています。ルールが社会運営上有用なのはたしかだけれど、そこからはみ出しているからといって攻撃したり軽蔑したりするのはおかしいんじゃないか。そんなお話でした。

「みんなに迷惑って言っているだけで、本当はあなたがムカついているだけでしょう?」 (p.107)

③「~すべき」にこだわらない

「~すべき」「~しなくちゃいけない」「~が当然」といった思考を持っていて、それゆえに生きづらさを感じている人は多いと思います。ひとりで抱え込んでしまうとか、無理だって分かってるのにやってしまうとか。場合によっては責任感のある人だとか義務感の強い人だと思われたりもしますが、こういうことになるのは「人から認められることに対する欲望のほうが、自由に振る舞う欲望より勝っている」(p.213)状態だからだそうです。

この場合、自分が本当はどうしたいのかを見つめ直して、他者から否定されたくないという欲望と好きに振る舞いたい欲望のどちらを取るか、正直に、自覚的に選択するようにすることが大切だといいます。「自分のために欲望でそれを選んだんだ」ということを自認することで、不満や言い訳も減るだろうとのことです。

内面化された他者の視線が、「自分がよく頑張っている」という条件下でしか自らを承認してくれないから、その視線に否定されないよう、ひたすら働きすぎるハメになるのです。 (p.217)

 

さて、いかがでしたでしょうか。だいぶ端折ったので説明が不十分な点も多々ありますが、詳細は実際に本書を読んでみてください。うんうんと頷ける部分や、ハッとさせられる部分があるかもしれません。個人的に印象に残ったのが、ほんの些細な失礼(と当人は思っている)についてお詫びをしてくる人の話(p.214)で、自分独自の失礼基準ばかりで相手が実際どう思っているかを無視してしまい、それがかえって相手に失礼になっている可能性について触れたところです。自分のことで精一杯になると周りが見えなくなるということなんでしょうね。気をつけたいものです。

 * * * * * * * * * *

【お知らせ】

2月26日開催のダンゴムシの会、参加希望受け付けてます。開催要項や参加希望の仕方等、詳しくは以下の記事でご確認ください。

(2月25日22時追記)参加希望は締め切らせていただきました。

dango64.hateblo.jp

 * * * * * * * * * *

以上、つっきーでした。
それでは次回更新をお楽しみに。

 * * * * * * * * * *

参加希望や当会に関する質問等、各種お問い合わせはメールフォームにお願いします。
 メールフォーム ⇒ お問い合わせ

ダンゴムシの会のTwitterアカウントもありますのでよろしくどうぞ。
 Twitter ⇒ 石の裏のダンゴムシ@生きづらさ (@dangomushi_14) | Twitter

 

広告を非表示にする